Manpapa's blog

つみたてNISAと子育てと30代パパの趣味

MENU

サウナ-の更なる高みへ!「サウナ・スパプロフェッショナル」を取得する〈後編〉

僕の趣味「サウナ」。いちサウナ-である僕は、サウナ愛を更に高めるべく、「サウナ・スパプロフェッショナル」資格を取得することにしました。サウナ・スパプロフェッショナル」は、「サウナ・スパ健康アドバイザー」の上位資格にあたります。

前回、サウナ・スパプロフェッショナルを受験するまでの流れをレポートしましたが、その後、無事に合格通知が届きましたので、続報をレポートします。

サウナが好きな方、サウナの資格に興味がある方の参考になれば幸いです。

f:id:Manpapa:20211116234514j:plain

サウナ-の更なる高みへ!「サウナ・スパプロフェッショナル」を取得する〈後編〉

「サウナ・スパプロフェッショナル」資格を取得するには

サウナ・スパプロフェッショナルとは?」「資格取得までの流れ」については、以下の記事で紹介しておりますので、興味がある方はご参照いただければ幸いです。

manpapa.net

「サウナ・スパ健康アドバイザー」資格を取得するには

サウナ-の第一歩はここから。「サウナ・スパ健康アドバイザー」資格を取得するまでは、以下の記事で紹介しておりますので、興味がある方はご参照いただければ幸いです。

manpapa.net

manpapa.net

「サウナ・スパプロフェッショナル」資格者が貰える3つのアイテム

f:id:Manpapa:20211117233006j:plain

資格取得すると、日本サウナ・スパ協会から3つのアイテムが届きます。「サウナ・スパ健康アドバイザー」資格と同じセットになりますが、比較しながらご紹介していきます。

※一部、個人情報の部分は消しております。

Diploma

まずは「Diploma」。日本語で、免状や卒業証書という意味です。

写真だと分かりづらいですが、しっかりとした厚紙に、グリーンメタルの箔押し印刷で「Sauna Spa Professional Manager」と書かれています。

サウナ・スパプロフェッショナル資格は、Manager=管理士の資であるということが記載の通りわかります。

資格証カード

f:id:Manpapa:20211117235602j:plain

プロフェッショナルと健康アドバイザーのカードを並べてみました。

サウナ・スパプロフェッショナル」は、ブルーグリーンの色合いで落ち着いた雰囲気のカードです。「サウナ・スパ健康アドバイザー」は、ホワイト基調にゴール後の文字が目立ちます。

僕の場合、カード2枚とも財布に忍ばせており、友人との会話などでサウナが話題になったらスッと出せるよう、いつかくるその日のために待機させています。

ピンバッジ

f:id:Manpapa:20211118000010j:plain

ピンバッチも並べてみました。左が健康アドバイザー、右がプロフェッショナルです。

健康アドバイザーはブループロフェッショナルはグリーンのワンポイントが特徴です。

並べてバッグやキャップにつければ、知っている人は「おっ!あなたサウナ-ですね!」となるかもしれません。

「サウナ・スパプロフェッショナル」を取得するメリット

Diploma、資格証カード、ピンバッチとともに、簡単な案内文・メッセージも届きました。

この度は、厚生労働省後援「サウナ・スパプロフェッショナル」資格試験において優秀な成績を収められ合格されましたのでここに証します。

この研修で得られた専門知識を活用いただき、これからもご活躍されることを願っております。

なお、取得された資格である

「Sauna Spa Professional」

「サウナ・スパプロフェッショナル」

の名称使用など、ご活用いただければ幸甚です。

協賛店(※協会ホームページ掲載)への割引入浴につきましては、健康アドバイザーカードの提示にて、ひきつづきご利用ください。

最後の文面の通り、協賛店で割引が受けられるというメリットは、以前取得した「サウナ・スパ健康アドバイザー」資格でいいようです。プロフェッショナルのカードを出したら更に割引になるということはありません。

www.sauna.or.jp

「じゃあ、どんなメリットが?」というところですが、サウナ・スパプロフェッショナルは管理士資格ですので、実際にサウナ・スパを運営する事業者の方にとっては、取得しておくと役に立つ資格なのかなと思います。

ただのサウナ好きの僕の場合は、以下のように考えています。

  • 「サウナ・スパプロフェッショナル」を名乗れる
  • サウナ-としてのサウナ愛の説得力が増す
  • サウナへの恩返し、サウナ業界への貢献

趣味が高じて資格取得まで行きついたので、自分が納得できる理由があれば、それが自分にとってのメリットだと思っています。本ブログのプロフィール欄で、さっそく資格については名乗っています。そして、個人的には「サウナへの恩返し」という観点が強いと思っています。サウナ界が更に盛り上がれば、自分にとってもサウナ界にとってもいいなと思っています。

「サウナ・スパプロフェッショナル」という資格をいつ活用できるかは定かではありませんが、これからもひっそりとサウナ愛を高めていきたいと思います。