Manpapa's blog

3人子育てパパの つみたてNISA・ラーメン・時々趣味

【焼豚中華そば啜る】鶏白湯系有名店がドデカ焼豚を名古屋に放つ〈名古屋市中区〉

東海地区の美味しいラーメンを味わってみませんか?

本記事では、名古屋在住の僕が趣味で食べ歩いてきたラーメンをご紹介します。

今日は、名古屋市中区にある「焼豚中華そば啜る」。

【焼豚中華そば啜る】鶏白湯系有名店がドデカ焼豚を名古屋に放つ〈名古屋市中区〉

「焼豚中華そば啜る」は、2022年2月25日にオープン。

名古屋市丸の内にある、鶏白湯系ラーメンの名店「鶏そば啜る」の新業態です。鶏そば啜るは、エスプーマ系鶏白湯ラーメンとレアチャーシューが人気で、「丸の内本店」のほかに「伏見はなれ」、暖簾分けのお店で「竹内ススル」など、東海エリアに8店舗を構える人気店です。

そんな啜るが、中華そば&厚切り焼豚の新たな味で出店です。

f:id:Manpapa:20220403215200j:plain

manpapa.net

manpapa.net

中華そば並(焼豚2枚)を食す

f:id:Manpapa:20220403215533j:plain

f:id:Manpapa:20220403215550j:plain

中華そば並(焼豚2枚)(1,130円)を実食

 

極厚チャーシューが贅沢に2枚インされた中華そば。

スープは、北海道産の知床鶏の清湯スープとハマグリのダシとのWスープ。そこに三種のブレンド醤油で輪郭をハッキリさせています。スープはハマグリの香り豊かな貝ダシを感じることができ、醤油タレに焼豚の旨味も染み出してほのかに甘い風味も漂います。

自家製麺は、讃岐うどんで使用する小麦を使用しており、鼻に抜ける香りとツルツルの喉越しとパツパツとした歯切れがベストです。

そして、極厚チャーシューはホロホロでジュワっと肉の旨味が詰まっています。厚みは常滑チャーシューを彷彿とさせます。

王道中華そばで迫力ある焼豚を楽しみたい方は是非食べておきたい一杯です。

f:id:Manpapa:20220403220748j:plain

※4月以降、焼豚は極厚タイプから、薄切りにリニューアルしたとのこと。しかし、どんぶりからはみ出るサイズになったとのことで、ドデカ焼豚に変わりありません。

お店情報

住所:愛知県名古屋市中区錦2丁目11-19

営業:11:00~14:00 、18:00~21:00(土曜は昼営業のみ)

休み:日曜日

※お店情報はブログ更新時点のものです。最新情報は公式サイト等でご確認ください。