Manpapa's blog

3人子育てパパの つみたてNISA・ラーメン・時々趣味

【洞くつ家】家系ラーメンファンを魅了する吉祥寺の代表店〈東京都武蔵野市〉

東京の美味しいラーメンを味わってみませんか?

本記事では、都内在住の僕が趣味で食べ歩いてきたラーメンをご紹介します。

今日は、東京都武蔵野市にある「洞くつ家(どうくつや)」。

【洞くつ家】家系ラーメンファンを魅了する吉祥寺の代表店〈東京都武蔵野市〉

「洞くつ家」は、2003年1月に創業。

1999年に吉祥寺に出店した武蔵家のスタッフが独立オープンさせたお店で、六角家姉妹店として、吉祥寺に家系ラーメンを普及させた立役者的存在です。

吉祥寺駅から徒歩3分ほどの立地で、昼夜問わずラーメンファンが集まってくるお店であり、著名人がお忍びで通うこともしばしば。

筆者が来店した際、隣に座ったサラリーマン男性がおそらく数年ぶりの来店だったようで、着丼した時に思わず「これこれ~!待ってました!」と少年のように喜びを口に出していたのが印象的でした。それほどまでに、吉祥寺で愛されているお店なんだと思います。

「洞くつ家」誕生の足掛かりとなる「吉祥寺 武蔵家」のラーメンは、以下記事でレポートしています。ご参考までにご紹介させていただきます。

manpapa.net

キャベチャーを食す

キャベチャー(100円)を実食

代名詞と言っても過言ではない「キャベチャー」。ざく切りのキャベツとこま切れチャーシューに、オリジナルのタレを混ぜ合わせた無限キャベツ的な逸品。

20年変わらぬ味で、なんだかバクバクと夢中で食べてしまいます。

量が欲しい人は、ダブル(200円)、トリプル(300円)を頼むことも可能です。初見をいくつ買う必要があるのか定かではありませんが、更に上位のバケツ(通称:バケチャー)というレベルもあるようです

チャーシューメンを食す

チャーシューメン(950円)を実食


チャーシュー、ほうれん草、海苔がトッピングされた王道のラーメンです。店内にただよう動物系豚骨スープの香りで食欲はMAXになっています。

注文時に家系ラーメン特有の「味の濃さ」「あぶらの量」「麺の固さ」をオーダー可能。いつも麺固めでオーダーしています。

スープは、動物系ガッツリの豚骨醤油スープで、さらりとした口当たりの後、旨味が口にジュワっと広がります麺は中太平打ち麺で黄色に輝いておりで、固めにすると噛み応えがよく、スープにからまります。しっかり味付けされたチャーシューからは、肉の濃い旨味が染み出します。食べ終わるころには、家系ラーメンをガッツリ食べたという満足感が身体全体を包み込みます。

 

吉祥寺の家系ラーメンの代表格である「洞くつ家」のラーメンは、吉祥寺ラーメン史を語る上で外せない一杯です。

お店情報

住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町2-2-4

営業:6:00~23:00

休み:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)

※お店情報はブログ更新時点のものです。最新情報は公式サイト等でご確認ください。

 

移動にはタクシーアプリ「Go(ゴー)」がおススメ

↓アプリダウンロードは画像をクリック!

 

「GO(ゴー)」は、タクシーをすぐに呼ぶことができるタクシーアプリです。人と人との接触を減らしながら移動できるタクシーは、コロナ禍の移動手段の選択肢として有効です。しかし、いつ来るかわからないタクシーを道路で待ち続けるのも非効率なので、そんな時に「GO(ゴー)」アプリが活用できます!
いざという時のために、スマホにアプリダウンロードしておいて損はないと思います。

タクシーが呼べるアプリ GO《ゴー》

「GO(ゴー)」のおススメポイントは以下の通りです。
  1. 一番近くのタクシーがすぐ来るすぐ乗れる
    たくさんのタクシー会社の中から一番近くのタクシーがスピーディーに配車されます。 アプリから簡単に呼べるので、荷物が多い時、時間がない時、天気が悪い時の強い味方!
  2. 目安到着時間がわかる
    配車を依頼すると到着予定時間が表示されるので待ち時間を有意義に使えます。乗務員と直接メッセージのやりとりもできるので万が一の場合も安心!
  3. アプリ決済だから接触なしでお支払い
    GO Payなら、かんたんキャッシュレス決済が可能!※一部対象外の車両あり