Manpapa's blog

3人子育てパパの つみたてNISA・ラーメン・時々趣味

【中華そば べんてん】東京の王道 つけ麺・ラーメンの名店〈東京都練馬区〉

東京の美味しいラーメンを味わってみませんか?

本記事では、僕が趣味で食べ歩いてきたラーメンをご紹介します。

今日は、東京都板橋区にある「中華そば べんてん」。

【中華そば べんてん】東京のつけ麺・ラーメンの伝説の名店〈東京都練馬区〉

「中華そば べんてん」は、1995年12月に創業。

創業時は高田馬場に店舗を構えており、数多くのラーメンファンを魅了し続けてきましたが、2014年に惜しまれつつも閉店。閉店の情報が広まるや否や、お店の前には連日長蛇の列ができ、開店前に並んでも食べられない日もあったという伝説が残っているそうです。

2016年9月に、東京メトロ有楽町線・副都心線「地下鉄成増」駅から徒歩3分の現在の地に奇跡の復活を果たし、相変わらずの人気ぶりで行列を作っています。

「食べログラーメン百名店TOKYO」に、筆者が調べる限り2017年~2022年まで連続選出されており、その人気の高さがうかがえます。

ラーメン並を食す

ラーメン並(850円)+メンマ&チャーシュー(550円)を実食

麺量は、並・中は同価格。大盛りは別途料金がかかります。並で250g・中で350g・大で700gとかなりの量で、並でも一般的なラーメン屋より多いです。

 

醤油スープは大量の豚、鶏ガラなどの動物系と魚介節のダシを長時間煮込んで抽出しており、さらりと飲めるのですが、口の中に旨味とコクがしっかり広がり、自然とレンゲが進んでしまう逸品自家製麺はツルモチのストレート麺で、しっかりした太さが噛み応えを演出し、小麦の香りを感じることが出来ます。スープにマッチします。トッピングで追加したチャーシューは、しっかりと厚みがあり、赤身部分の旨味と脂が溶け出す食感が美味しいです。メンマもしっかり味付けされており、ほのかな酸味が口をサッパリさせます。

まさに、王道でありながら、伝説的な人気を誇ったことが納得できるラーメンです。日中しか営業しておらず、かつ行列必至のお店ですが、東京に伝説を刻んだラーメンの味は一食の価値アリです。

お店情報

住所:東京都練馬区旭町3-25

営業:11:00~14:30

休み:日曜日

※お店情報はブログ更新時点のものです。最新情報は公式サイト等でご確認ください。