Manpapa's blog

つみたてNISAと子育てと30代パパの趣味

MENU

【らぁめん りきどう】東海エリアのつけ麺代表格〈岐阜県岐阜市〉

東海地区の美味しいラーメンを味わってみませんか?

本記事では、名古屋在住の僕が趣味で食べ歩いてきたラーメンをご紹介します。

今日は、岐阜県岐阜市にある「らぁめん りきどう」。

【らぁめん りきどう】東海エリアのつけ麺代表格〈岐阜県岐阜市

「らぁめん りきどう」は2013年にオープン。

小麦にこだわりをもつ店主が作り出す自家製麺が自慢のお店

毎朝作る自家製麺は、細麺・小平麺・太麺・凄平麺の4種類のラインアップという充実ぶり。東海地区では珍しい極太平打ち麺が楽しめるのも人気の理由です。

今のところ、個人的に令和No.1のラーメンです!

<究極のラーメン東海版ぴあ>2022年・2021年「清湯つけ麺部門」第1位、2020年「つけ麺部門」第2位

焙煎2色つけ麺チャーシューを食す

f:id:Manpapa:20210422210321j:plain

焙煎2色つけ麺チャーシュー(1,300円)+トッピング凄平麺(200円)を実食

 

拘りの麺を同時に3種類堪能できるゴールデンプラン

小平麺の通常麺、焙煎ローストされた焙煎麺、そして、約5センチの凄平麺です。

通常麺は食べて納得、小麦の爽やかな風味を口いっぱいに楽しむことができます。

凄平麺は、その超極太麺だからこそ、スープをたっぷり絡めて思い切り食べられます。

そして、僕が感動したのが、”焙煎麺”

この麺の香ばしさと味わい深さは衝撃を受けました。マジでうまい!

今のところ、麺の素晴らしさを語っていますが、「らぁめん りきどう」はそれだけにあらず。

チャーシューの完成度も素晴らしく、インパクト抜群の分厚いチャーシューがお出迎えしてくれます。

また、つけダレは醤油の味がキリリと効いていて、少し濃いめなのですが、それは何より素晴らしい麺と調和するための味加減なのだと分かります。

僕の中で、また食べに行きたいラーメン店の常にトップに君臨しています。

お店情報

住所:岐阜県岐阜市島栄町2-53

営業:11:00~14:15、17:30~21:15(材料切れ次第終了)

休み:不定休(Facebookに掲載)

※お店情報はブログ更新時点のものです。最新情報は公式サイト等でご確認ください。