Manpapa's blog

3人子育てパパの つみたてNISA・ラーメン・時々趣味

【ウェルビー今池】名古屋のサウナ飯と言えば "ベトコンラーメン" 〈名古屋市千種区〉

東海地区の美味しいラーメンを味わってみませんか?

本記事では、名古屋在住の僕が趣味で食べ歩いてきたラーメンをご紹介します。

今日はラーメン屋ではなく、名古屋市千種区にあるサウナ施設「ウェルビー今池」。

【ウェルビー今池】名古屋のサウナ飯と言えば "ベトコンラーメン" 〈名古屋市千種区〉

「ウェルビー今池」は、サウナ-なら知らない人はいないであろう、名古屋を代表するサウナ施設の一つ。名古屋市内には、今池店・栄店・名駅店の3つのウェルビーシリーズがあり、昨今のサウナブームを追い風に、全国のサウナ愛好家の身体を温めてくれています。

「名古屋のディープスポット」「昔ながらの歓楽街」といわれる今池に位置するウェルビー今池ですが、サウナ設備の素晴らしさもさることながら、食堂のクオリティが非常に高く、「サ飯(サウナ飯)がウマい!」と人気です。

ウェルビー今池のサ飯の代名詞的存在のメニューが「ベトコンラーメン」です。ベトコンラーメンは、東海エリアのローカルフードとして古くから地元民に愛されているラーメンです。

ベトコンラーメンの発祥は、愛知県一宮市あるいは岐阜県岐阜市とされております。

当時、発祥のお店にて、過労・夏バテ回復のためにニンニクと唐辛子を入れたラーメンを賄い料理として作り、準備中に店員が食べている姿を常連のお客様が見て、注文するようになったのが始まりとも言われています。

また「ベトコンラーメン」の名前の由来は、諸説ありますが当時のお客様が「食べるとコンディションが良くなる」と言っていったことから、以降ベストコンディションラーメンの略だと認識されるようになりました。(諸説あり)

※ウェルビー今池メニュー表の説明書きより

manpapa.net

ベトコンラーメンマシマシを食す

f:id:Manpapa:20220308221417j:plain

f:id:Manpapa:20220308221451j:plain

ベトコンラーメンマシマシ(970円)を実食

 

ベトコンラーメンマシマシは、通常のベトコンラーメンの野菜の量を倍にしたもので、野菜だけで400グラムを超えているそうです。大量のモヤシ・ニラ、豚バラとゴロっとしたニンニクを炒めてトウガラシで味を引き締め、醤油ベースのスープにどかっと盛り付けた一杯

野菜炒めはニンニクと唐辛子でしっかりコーティングされており、モヤシのシャキシャキ感と豚肉のウマさでマシマシでもペロリと食べられます。ゴロゴロと入ったニンニクもホクホクで箸を進めます。スープにも野菜炒めのエキスが染み出していて、辛さのアクセントがたまりません、細麺もしっかりとスープを纏ってくれます。

このスタミナがつく味つけと塩分が、サウナ後の身体にめちゃくちゃ染みわたります。ベトコンラーメンにオロポ(サウナ-が愛する飲み物)を合わせたりしたら、贅沢の極みです。

名古屋でサ飯を楽しむなら、ウェルビー今池のベトコンラーメンは抑えておきたい一品です

f:id:Manpapa:20220308222420j:plain

f:id:Manpapa:20220308222432j:plain

施設情報

住所:愛知県名古屋市千種区今池5-25-5

営業時間:(サウナ)5:00〜25:00 (カプセル)14:00〜翌日12:00

食堂:6:30~10:00(朝食)、11:30~21:00

※食堂のみの利用はできず、別途サウナ料金等がかかります。

※施設情報はブログ更新時点のものです。最新情報は公式サイト等でご確認ください。

www.wellbe.co.jp