Manpapa's blog

つみたてNISAとパパの趣味

【KARL-LEIMON】美しいクラシック時計を身近に 購入レビュー

スーツを着るビジネスマンのマストアイテムである「腕時計」。現代社会における「腕時計」は、アナログからデジタルまで、搭載される機能も多種多様になっています。また、腕時計はその人にとっての「ロマン」であり「ファッション」であり「ツール」であり、身に着ける理由も様々です。

そんな中、衝動的に購入してしまったのが「KARL-LEIMON」の時計

「KARL-LEIMON」の腕時計について購入レビューしてみますので、購入を検討している方のご参考になれば幸いです。

f:id:Manpapa:20210516215527j:plain

【KARL-LEIMON】美しいクラシック時計を身近に 購入レビュー

「KARL-LEIMON」の誕生

「KARL-LEIMON(カル・レイモン)」は、2017年に国内クラウドファンディング日本製時計1位の記録して立ち上げられた日本のウォッチブランド。

「Back To Classic」”クラシックは手に届かない存在になってはならない”というコンセプトで、現代のクラシック回帰の中で輝きを放っています。

「KARL-LEIMON」の魅力

美しい「ムーンフェイズ

カル・レイモンの腕時計で特徴的なのが「ムーンフェイズ機能」。

これは、18世紀に天才時計師アブラアム=ルイ・ブレゲが開発した機能で、月の満ち欠けを盤面で再現する技術です。

当時は、腕時計本来の機能である時を刻むほかに、月の満ち欠けを盤面で再現するため、非常に高度な技術力を必要とするため、基本的にはハイエンドモデルにしか搭載されない機能でした。

しかし、”ムーンフェイズの美しさ”をより身近に手軽に実現すべく、カル・レイモンがムーンフェイズ時計づくりに挑戦、現代の世に放つことになりました。

f:id:Manpapa:20210516222434j:plain

※画像はカル・レイモン公式HPより

信頼のMADE IN JAPAN

時計作りは、創業1967年の長野県にある精密機械加工・組立の製造工場で行われ、”モノづくり日本”の神髄である緻密かつ丁寧な製品を作っています。

ムーンフェイズは、かつては上流階級のみが手に入れることができる時計と言われていましたが、今では精度高く量産することが可能になっているとのことです。

1本3万円台という価格帯

何よりも注目すべきは1本3万円台で購入できるという価格帯。クラシック腕時計は、1本数十万円のものや、100万円代になるのが普通です。

そんな中、「手の届くクラシック腕時計」として、若い人でも買える価格帯を実現しています。20代~30代のビジネスマンに人気が出ているようです。

「Classic Simplicity」の購入レビュー

購入したのはGold with Wight Dial

僕が購入したのは、「Classic Simplicity(クラシック・シンプリシティ)」のGold with Wight Dialという、ゴールドを基調としたデザインの時計。

お値段は、3万5,750円(税込)

Classic Pioneer(クラシック・パイオニア」というシリーズもあり、どちらかというとPioneerシリーズの方が人気かと思います。

2020年4月に、Simplicity2が発売されましたが、個人的に、無駄を極限まで省いた初代のSimplicityが気に入って購入しました。

こだわる高級感の演出

カル・レイモンは、お客様の手元に届くまでのストーリーも大切にしているため、梱包にもこだわりが。

実店舗はなく、ネットでの購入となるのですが、高級感のある箱で届けられます。受け取った時、その厳重さに気合がビシビシ伝わって驚きました。

f:id:Manpapa:20210516220944j:plain

また、梱包の中には、ブランドメッセージと「International Warranty(国際保証制度)」カードも入っており、「いい時計を買ったぞ!」という気持ちを高めてくれます。

f:id:Manpapa:20210516225114j:plain

ゴールドを基調とした落ち着いたデザイン

f:id:Manpapa:20210516215527j:plain

実物を見てみると、ゴールドは金無垢というよりは、ピンクゴールドに近い印象。日本人好みな色合いを研究しているなと感じました。

シンプルな時間表示部分は、ラウンドブラッシング加工を施したシルバー調

中央部分は、こちらも天才時計師ブレゲが考案したギョーシェ彫りというパターンを採用。光の反射を抑え、文字盤の視認性を高める役割もあります。

そして、下段にカル・レイモンの象徴であるムーンフェイズが主張し過ぎず顔を覗かせています。写真のムーンフェイズは、「新月」ですね。早く月出てこないかな・・・。

装着感よし、ジャケットにも私服にも

f:id:Manpapa:20210516221042j:plain

実際に装着してみましたが、やはりジャケットとセットにするとしっくりきます。

バックルはDバックルを搭載しており、着脱は慣れるとなめらかです。ベルトの革も、すぐに手首に馴染んだので、丸一日装着していましたが、新品ならではの手首の痛みなどもあまり感じませんでした。

私服でつけても、落ち着いた印象になるので、ファッションとしても成立します。これから、多方面で活躍してくれそうです。

「KARL-LEIMON(カル・レイモン)」が気になる方は是非公式HPを見てみてください。

www.karlleimonwatches.com