Manpapa's blog

つみたてNISAと好きなモノ・コト

”ほったらかし投資生活”運用実績レポート<21年5月②>

”つみたてNISA”でほったらかし投資生活をしている万パパです。

①自分、②妻の2口座で”つみたてNISA”を運用しており、それぞれの実績をレポートします。(2021年5月22日時点)

f:id:Manpapa:20210522214709j:plain

①自分の口座の実績(1年3カ月経過)

+15万5千円(+27.35%)で推移中

f:id:Manpapa:20210522214849j:plain

実績は表の通り。

今まで約56万円をコツコツと積立て、約72万円(+15万5千円)に成長してくれています。

5月15日時点のレポートでは、世界的な株価下落で+14万6千円となっていましたが、この1週間でまた盛り返してくれているようです。

本当に、株価は絶えず波があるので、過剰に一喜一憂してはいけませんね。

manpapa.hatenadiary.com

楽天証券の新画面「資産推移」が分かりやすい

f:id:Manpapa:20210522215238j:plain

今月から楽天証券のつみたてNISAのページに改定があり、「資産推移」というページが新たにリリースされています。

実際の画面は図の通りで、期間も「6か月」「1年」「5年」「全期間」から選択でき、視覚的に資産推移を把握するのに役立ちます

こうしてみると、まだ1年3カ月で積立投資としてはヒヨコのような期間ではあるものの、複利効果の恩恵を垣間見ることができます。

2020年11月頃から株価成長率が高まっているように見えます。

②妻の口座の実績(1年1カ月経過)

+12万円(+21.31%)で推移中

f:id:Manpapa:20210522215739j:plain

続いて、口座②の実績ですが、口座①から2カ月遅れで積立投資を開始し、こちらも幸いに+12万円で成長してくれています。

口座②は自分の金融リテラシーを高めるために、実験的な面もあり、複数の銘柄を購入しています。

どれも王道のインデックス型の投資信託商品です。

口座①と②の差が埋まらない

わずか2カ月の差で、①の評価益と約3万円も差がつくとは、購入銘柄も違うという条件もあるものの、コロナショック→株価バブルの勢いが見て取れます。

ですが、今から”つみたてNISA”を始める場合は、数カ月でここまでの差は出ないんじゃないかと推察されます。

①+②の合計実績

f:id:Manpapa:20210522220200j:plain

合計実績は表の通り。

振り返れば、今までで約113万円を投資信託に投じてきました。

そして現在、約141万円(+27万5千円)に資産は成長してくれています。

僕はサラリーマンで、妻は育休中。

「本業以外で1年3カ月で27万5千円を稼ぐ」となると、それなりに時間と体力を使うことになります。

しかし、この27万円5千円は、”ほったらかし投資生活”で、放っておいたら勝手に増えたお金。

「お金に働いてもらう」という理想的な形です。

更に長く投資を続ければ続けるほど、複利効果で成長力が増していくので、”つみたてNISA”を始めて本当に良かったなと思っています。

継続して見守るとともに、レポートしていきたいと思います。

 

複利効果”は、こちらのレポートで調べています。

manpapa.hatenadiary.com