Manpapa's blog

つみたてNISAと好きなモノ・コト

【ベランダピクニック】でステイホームを楽しむ

今週のお題「間取り」

ステイホームの中、ベランダでピクニックを楽しんでいます。

 

「間取り」という、僕個人的には変化球なお題だったのですが、3月27日に投稿したレポートがちょうどマッチしていたな~とタイミングをちょっと後悔。。。

部屋のレイアウトを変えたら、おもちゃの散らかり具合が変わったという話です。

manpapa.hatenadiary.com

f:id:Manpapa:20210420212108j:plain

2畳のスペースでも楽しめる「ベランダピクニック」

我が家には、洗濯物を干すスペース程度ですが、2畳くらいのベランダがあります。

方角からして、昼過ぎ頃から陽の光がさす場所で、布団等を干しています。

 

現在子どもは5歳3歳0歳。

上の子2人は公園が大好きで、公園に行けば思いっきり遊んでくれるのですが、「今日は公園に行きたくない!」という日もあるわけで、そういう日は、外に連れ出すのも一苦労。

そんな時に編み出したのが、「ベランダピクニック」です。

これなら、外に出たくない子ども、外に出たい子どもの気持ちの中間をくみ取り、かつ、最小限の労力で楽しむことが出来ます

お弁当を作ってベランダで食べるのですが、2畳とはいえ、やはり外気に触れながら食べるだけで美味しい!

そして、0歳の子どもが急に泣き出したり、ミルクを欲しがったり、オムツを替えたい時も、自宅なので難なく対応できます。

3人の子ども全員にメリットがあるアプローチ方法なので、結構な大発見!

ベランダを演出するフロアデッキ

IKEAがおススメ

ベランダをオシャレにするアイテムとして、IKEAのRUNNEN・フロアデッキを活用しています。

お値段も9ピースで3,000円程度とリーズナブル

2畳なので、18ピースもあれば十分に床を埋めることが出来ます。

www.ikea.com

フロアデッキを敷くメリット3つ

1.オシャレな雰囲気になる

2.地面の蓄熱の軽減

3.太陽光の反射の抑制

 

木目って落ち着きますし、とにかく足元から雰囲気がオシャレになることが第一のメリット。

そして、例えば真夏は太陽光で地面が熱く、あと反射光で眩しくなりがちですが、フロアデッキならその2つを抑えることができます。

デメリットとしては、ホコリが溜まるので定期的に掃除が必要という点が挙げられますが、幸いに、そこまでホコリは溜まっていません。

結果的に、とても良い買い物だったと思っています。

 

日本国内の新型コロナウイルス感染者数も日に日に増加しており、2021年のGWも外出出来なさそうな雰囲気が漂っています。

我が家は、この起死回生の作戦「ベランダピクニック」で楽しく過ごそうと思っています!

 

manpapa.hatenadiary.com