Manpapa's blog

つみたてNISAと好きなモノ・コト

こどものおもちゃの片付け問題「困ったらエリアを区切りなさい」

我が家には、5歳、2歳、0歳の子どもがいて、すくすく楽しく育ってくれています。

部屋に散らかるおもちゃの片付けは、子育て世帯の永遠のテーマかと思います。

今回、部屋の模様替えをしたら不思議な現象が起きました

f:id:Manpapa:20210327222645j:plain

まるで”まきびし”のような子供のおもちゃ

我が家では5歳(長男)、2歳(長女)が大暴れしています。

コロナ禍ということもあり、近所の公園で遊ぶか、家の中で遊ぶか、おおまかに2択なのですが、家の中でも楽しく遊んでくれています。

家には、ブロックやら車やらアンパンマンやら、無数におもちゃが存在し、2人とも思いのままに次から次へと引っ張り出して遊んでいます。

子どもの遊びに対するパワーは本当に凄い!

元気なのはいいことなんですが・・・、ものの30分でおもちゃがリビング中に散乱し、文字通り「足の踏み場もない」という状態になります。

小さなパーツなどは、親がうっかり踏むと結構痛いっ!

特に雨の日の我が家は、まるで忍者屋敷です。

f:id:Manpapa:20210327223640j:plain

今まではリビング全方位で散らかっていた

もの凄くざっくりしたリビングのイメージが以下。

f:id:Manpapa:20210327223837j:plain

リビングにおもちゃ箱が複数あり、おままごとをして、そのあとブロックで遊んで、そのあと人形ごっこをして・・・。

よくもまぁこんなに広がるな、と思うくらい、おもちゃが散乱してました。

テーブルの下も含め、片付けも大変。

子ども達に片付けさせるのですが、かなりの時間を要します。

レイアウトを変えたら、散らからなくなった

そんな中、妻が気分転換と実験を兼ねて、おもちゃのエリアを区切ってみました。

以下のようなイメージ(めちゃアバウトです)。

f:id:Manpapa:20210327224301j:plain

なんということでしょう。

本当に不思議なんですが、おもちゃのエリアみたいな感じで小さなラックなどで区切ってみたら、子ども達が自然とその周辺で遊ぶようになりました。

「ここで遊びなさいね」と言ったわけではないですし、部屋中走り回るのは変わらないのですが、おもちゃの散らかり具合が全然違う!

「区切られたエリアで活動しようとする」という行動心理学のような、なにか人間の仕組みに響いたようです。

不勉強なので、正確な原因はわからないのですが、確かな変化がありました。

妻の気分転換で部屋の模様替えが、思わぬ副次的効果をもたらしました!

これからもどんどん試していこう!

 

manpapa.hatenadiary.com

manpapa.hatenadiary.com

manpapa.hatenadiary.com