Manpapa's blog

つみたてNISAと好きなモノ・コト

”ほったらかし投資生活”運用実績レポート<21年2月①>

”つみたてNISA”を昨年3月から開始し、ついに今月で1年を迎えました。

2月5日時点の僕の運用実績とポートフォリオをレポートします。

f:id:Manpapa:20210205152852j:plain

運用実績はこちら(2021年2月5日時点)

評価益は10万円を突破

f:id:Manpapa:20210205153312j:plain

毎月コツコツと投資信託を購入し、1年間で約46万円の積立金額となりました。

評価額は約57万円で、+10万3,424円(+22.16%)の利益になっています!

まだ運用を始めたばかりで初心者の域を超えていませんが、「銀行預金よりも、お金がしっかり成長しているので、積立投資を始めて良かった」と純粋に感じています。

もちろん、株価暴落により資産が減る可能性もありますが、この1年間はなかったので一安心。

 

僕の場合、この口座+妻の口座の2口座で”つみたてNISA"を運用しているので、2つ合わせた運用実績はまた後日レポートしたいと思います。

5つの投資銘柄を選んだ理由

僕は、楽天・全世界株式と米国株式の2本、eMAXIS Slimシリーズで3本の銘柄に分散させています。

分散投資という本質においては、「全世界株式」に投資していれば、世界中の株式に分散できているので、何種類も銘柄を購入する必要はないと言われています。

僕の場合は、米国株式や新興国株式、国内株式等、投資先が絞られた銘柄をプラスで購入しています。

仮に、大きく伸長するような動きがあるなら、その銘柄の配分を調整できるようにしています。

また、1つの銘柄が崩れても「まだ他の銘柄が大丈夫!」と安心できるように、自分の精神状態を保つために敢えて分けています。

これは人によって考え方は違いますが、投資初心者にとっては、「株価を気にせず日常生活を穏やか過ごせる」という点が一番大事なんじゃないかなと思っています。

一極集中の投資をして、株価ばかり気にして仕事が手につかないようでは、”ほったらかし投資”にならないですからね。

現時点でのポートフォリオ

2月時点の銘柄別のポートフォリオは以下の通り。

f:id:Manpapa:20210205155814j:plain

全世界株式に36.6%

米国株式は楽天eMAXIS Slimを合わせて38.2%

新興国株式に13.7%

国内株式に11.4% となっています。

 

全体の1/3は、全世界株式で担保しつつ、残りの2/3の領域で自分なりのチャレンジをしているイメージです。

といっても、見直すのは年に1回くらいですけどね(笑)。

米国株式の配分がやはり高く、次いで新興国株式となっています。

しばらくはこの体制が続くかなぁ・・・。

ちなみに、新興国株式の伸び率が最近凄いので、原因を調べておこうと思っています。

manpapa.hatenadiary.com