Manpapa's blog

つみたてNISAと好きなモノ・コト

鬼は外にいるのではなく、自分の内にいるものらしい

今週のお題「鬼」

今日は節分。子どもが生まれてから、毎年豆まきをするようになりました。

思い返すと、自分が中学生の頃くらいから豆まきをした記憶がなく、大人になってからもしばらく遠ざかっていました。

こういった伝統は、心の切り替えにも繋がるので、改めてやるといいものですね。

f:id:Manpapa:20210202215222j:plain

長男の衝撃的な一言

僕は直接聞けなかったのですが、朝、妻からLINEが来ました。

「今日は節分で、鬼をやっつける日だよ」と伝えたそうなのですが、長男(4歳)から返ってきた言葉は、

「僕がやっつけたい鬼は、自分の中の泣き虫鬼なんだよ」

ただの親バカかもしれませんが、これを聞いて、子どもの純粋な気持ちに衝撃を受けました。

コロナ禍で、どんよりとしている世の中。

世の中全体が、誰が悪いとか、誰かのせいとか、外側に原因を求めようとしている流れがあるように思えます。

思い切り豆をぶつけられるモノがあるなら、そこに向かって思い切りぶん投げたい気持ちが少なからずあると思います。

そんな中、長男の「自分の中の鬼をやっつけたい」という言葉を聞いて、そうだよな、自分が強くなるには自分でどうにかするしかないんだよな、と改めて思った次第です。

そんな長男は、保育園で鬼(先生)に向かって思い切り豆を投げたそうな(笑)。

鬼は5種類いるらしい

ちなみに、鬼は5種類いて、色が異なるようです。

赤鬼青鬼黄(白)鬼緑鬼黒鬼 がいて、それぞれが仏教の「五蓋(ごかい)」という修行を邪魔する5つの煩悩の色に由来するとのこと。

赤鬼:貪欲(とんよく)⇒欲望・渇望

青鬼:瞋恚(しんに)⇒怒り・憎しみ

黄鬼:掉挙悪作(じょうこおさ)⇒心の浮動・甘え

緑鬼:惛沈睡眠(こんちんすいみん)⇒怠惰・眠気・不健康

黒鬼:疑(ぎ)⇒愚痴・疑いの心

 

自分が打ち勝ちたい色の鬼に豆をまくのが、本来の節分とのことですが、そんな由来があるのは知らなかったなぁ。。。