Manpapa's blog

つみたてNISAと好きなモノ・コト

3人子育てパパの”3つの心の変化”

今週のお題大人になったなと感じるとき

自分にとって「大人になった」って何だろう?と考えたのですが、僕の場合、”父親になったことで変わったな”と思うことが3つあります。

10代~20代の頃に、自分の中で当たり前だったアイデンティティが、子育てを通してガラッと変わっています。

結果として、この3つの心の変化は、日常生活はもちろん、仕事においてもプラスに働いていると思うので、引き続き大切にしていきたいです。

子育てパパの参考になることでもない気もしますが、何となく共感できる人もいるのではないでしょうか。

f:id:Manpapa:20210112234703j:plain

1.”自分のモノ”という執着心がなくなった

「日々に疲れて弱気になった」とか、「周りの目を気にせずテキトーな服装になった」とか、そういうことではなく、”人のために行動する”ことが、自然にできるようになった気がします。

【例えば食事】

僕は、一番好きな食べ物を最後に取っておくタイプなのですが、若い頃の自分なら、計画的に残しておいた好物を、横から「それちょうだい!」と言われても、拒否するか、あげたとしても内心では「チッ」って思っていたはずです(笑)。

ただ、自分の子ども達に対しては、心の底から「あげよう」という気持ちになり、いやな感情すら湧きません。

【例えば散歩中】

我が家の子どもは、いつも鼻炎気味です。よく鼻水タラ~となるので、ティッシュが必需品なわけですが、うっかりティッシュを忘れてしまう日があります。

あまり綺麗な話ではないですが、その”タラ~”が止まらず、ティッシュも持っていない時があり、とっさに自分の服の袖で拭き取ったことがありました。

僕は結構服好きで、昔なら自ら服を汚すなどあり得ない行動なのですが、我ながら「どうしたんだ僕!?」と自分の行動に衝撃を受けたのを今でも覚えています。

 

そんな子ども達との経験を通して、”自分一番”的な感覚が軟化し、人にあげたり人のために行動することが、よりフラットな感情で出来るようになった気がします。

2.素直な笑顔が身についた

長男・長女が生まれた時より、3人目の次男が生まれて以降の方が大きく変化しているなと改めて感じますが、僕自身が笑うようになりました

10代の頃は大仏かと思うほどの仏頂面で、社会人になってから、営業スマイル的な口角を上げる笑顔を身につけました。

上の子は4歳・2歳で会話できるようになりました。ユニークなこと言うなと感心する時もありますし、子どもとの会話は本当に面白くて、自然と表情筋がほぐれます。

「丸くなった」といえばそれまでですが、公私ともに笑う機会が増えたと思います。

今までどんだけピリついてたんだと改めて思います・・・。

3.「人生は、まさに”今”だ」と気づかされた

世の中は、新型コロナウイルスによって従来の暮らしが一変し、様々な計画が狂わされています。

我が家の4歳・2歳・0歳の子ども達は、まだこの一大事について理解できる年齢ではないため、朝起きてから夜眠りにつくまで、「牛乳飲みたい!」「アンパンマン見たい!」「公園行きたい!」「疲れた!」「お腹すいた!」と思うがままに生きています。

ただ、そんな思いのままに楽しそうに過ごしている子どもを見ると、先々の不安をして動かないより、”今”行動した方が幸せなのかも、と思います。

緊急事態宣言も出ているので、行動は制限されますが、ステイホームでもできることは、思い立ったらすぐチャレンジ!してみたいと思います。

 

そんな心の変化が、僕が資産運用を始めたきっかけになっているかもしれません。 

日々、子どもと妻に感謝です。

manpapa.hatenadiary.com

manpapa.hatenadiary.com